2009年05月15日

「在庫を最小限にすると適正価格になる」

3-1.jpg 景気低迷が長引いてくると「値切って下さい」という仕事が増えてきているのですが、流通経済の視点で考えると「値切りのない社会」のほうが本来は望ましいです。自分が値切るようになったのは、もちろん「いいものを安く買いたい」ということもありましたが、それ以上に、大手メーカでは安売りによる値崩れを防ぐため、全くの新品を廃棄処分している事実を知ったからでした。当時、我が家では「農家の方が一生懸命に作ってくれた食べ物を残してはいけない」と厳しく指導しており、その指導に従ったところ由緒正しい肥満児になったのですが、いずれにしても「食べられる物を捨てることはいけない」と肌身にしみていました。従って、家電製品であっても、使えるものを捨てるのはもったいない、作った人に失礼じゃないかと思い、捨てられるくらいであれば、「自分が買いますよ。その代わり値段は勉強してね」ということでした。また、日本国内のみならず東南アジアのメーカが台頭するようになると常に供給過剰になっています。つまり、お客に値切られても在庫を処理しなければならない状況なんですね。在庫がたまると新しい製品を生産したくても、保管スペースもなくなります。ならば、とにかく売ろうということになるわけです。ならば「作るのをやめればいいじゃないか」となるのですが、設備投資をした以上、一個でも多く生産したほうが製品一個あたりの、設備コストを削減できるため、売れれば利益を確保できます。従って、製品コストを下げようとするあまり、在庫過多になり、利益が出なくても販売。さらに市場価格が下落するという悪循環に陥っています。資金力のある会社は在庫品を廃棄し、値崩れを防ぎますが資金力のない会社は叩き売りとなります。つまり、在庫を最小限にすることが流通経路上の無駄も最小限にし、適正価格になるのではないかと自分は思っています。
posted by marunouchi21 at 12:02| 東京 ☔| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

「イベントで集客し、飲食で利益を確保する」

Image015.jpg 祝日のショッピングセンター(SC)の様子を探るため、IKEA南船橋、埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウンに出かけました。いやぁ〜消費者も堅実ですね。祝日で外出したからといって外食するのではなく、ランチを自宅で済ませてから来店するようで、午後1時以降が入場のピークとのことでした。同SCのイベント広場では吉田照美さんの個展「賞味期限知らず」も開催されており、二重になるほどの人だかりが。SCの集客力アップに貢献していました!午前中に立ち寄ったIKEAでは500円以下で買えるインテリア雑貨や食器などがあるのですが、台所が狭い我が家では買いたくても置き場がありません。さらに23区内ではゴミ捨てのルールが厳格化されたため、捨てづらくなっています。百貨店業界においてブームになっている”下取り”をIKEAにおいても実施して欲しいですね。さて景気低迷と言われていますがイオンSCやIKEAのパーキングは満車、店内の通路も初詣の明治神宮のような賑わいです。ただ、買い物をしているかというと、買い物袋をさげて歩いている人が目立たないことからも、物はあまり買ってなさそうです。どちらも店内が広いため、来店客は歩き疲れるとカフェ等に入ります。そんなこともあり夕方4時頃にも関わらず喫茶系飲食店ではどこも30分以上待ちの行列でした。SCの中をお客が歩き回れば歩き回るほど、足が疲れ、のども渇き、空腹になるため、SC側は飲食での売上を期待できます。さらに歩き回ることで衝動買いを誘発するわけです。結局、空腹を我慢できなくなり、1時間並んでとんかつ屋さんでとんかつを食べて帰りました。ちなみに、その店では豚インフルエンザの影響は全く受けていないそうです。欲しい物がない時代のSCビジネスはイベントで集客し、飲食・サービスで儲けるのが王道のようです。次はどんなイベントが行われるのか?期待したいですね。
posted by marunouchi21 at 00:23| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

「景気が低迷すると、手芸業界は活性化する」

IMG_1945.JPG新橋から銀座に向かって中央通りを歩いていますと、思わず目を見張る看板を見つけました。そう、手芸の大型専門店「マイスターbyユザワヤ」が銀座のほぼど真ん中、名鉄ニューメルサ五階にオープンしたんです。もともと大田区蒲田に拠点を構える同店は手芸専門店として布地からボタン、ミシン、工芸、クラフト用品といった、手芸に関わるすべてのアイテムが揃うといっても過言ではありません。例えばミシンは約80種類、ボタンも約5000種類、毛糸、ビーズなどなどプロユースにも対応できる品揃えです。国内ではユニクロ、海外ブランドではH&MやFOREVER21など、”安くて、かわいい”通称”安かわ”アパレル量販店が急成長する一方で、みんなと同じ服は嫌だ、ちょっとした、小物を自分のアイデアで作りたいといったDIYアパレルブームもじわじわと広がっています。かつて手芸用品店は各地の商店街に必ずある業種店のひとつでしたが、女性の社会進出に伴い、家庭において手芸をたしなむ人が減ったこともあり、手芸店の数は減少し続けました。手芸業界全体は縮小傾向にあるなか、ユザワヤでは「街の中に手芸店がなくなるのであれば、手芸をされる方が困るだろう。だったら、手芸に関するものであれば、なんでも買える店を」ということで、現在のメガストアになったようです。さらに景気低迷により家賃相場も下落傾向にあることや、家の中で楽しめる趣味、すごもり消費が注目されたことも追い風になっています。そんな背景もあり銀座に出店したのではないでしょうか?隣接するビルにはユニクロ銀座店や道路を挟んで新橋寄りに歩くとZARA、H&Mなども立地するなど、流行に敏感な銀座界隈のOLをターゲットにしたショップが軒を連ねています。ひょっとしたら、モテル女性の流儀の一つに「お気に入りの小物やアクセサリーは自分で作る」というのが加わるかもしれませんね。
posted by marunouchi21 at 22:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。