2009年10月31日

「高速道路網の発達が企業のビジネスモデルさえも左右する」

IMG_0215.JPG 10月30日(金)家電量販店業界のリーディングカンパニー ヤマダ電機がLABI1(ラビワン)日本総本店 池袋を文字通りでっかくオープンしました。池袋三越跡地に開業した同店は売場面積7000坪、商品点数は150万点、日本最大級の売場面積と品揃え、日本総本店の名にふさわしい店構えとなっています。取材のため午前8時過ぎに到着したのですが、午前10時の開店を待ちわびた客が既に並んでいました。そう、最近の大型店のオープンでは、中国をはじめとする方が目玉商品を集団で買い占め、ネットオークションで転売することを目的に来店される方が目立ちます。もちろん、店頭には「転売目的の買い物はご遠慮ください」との注意書きがあるものの、おかまいなしです(苦笑)。
 さて、ヤマダ電機といえば家賃が安く、競争が少なく、道路が整備された地方のロードサイドに出店し、広域から集客し、売上を確保するというのが同社の勝ちパターンですが、最近LABI(ラビ)という業態を都市部で展開し、家賃が高く、競争が多い場所においても、ビジネスが成り立つようなノウハウを蓄積してきました。本来ならば地方を軸足に事業展開した方が売上高に占める販売管理費を抑制できるので、収益性は高くなるはずです。あえてリスクを負ってまで都市部に出店するのはなぜでしょうか?その背景には地方経済の地盤沈下があるからではないでしょうか?高速道路網や新幹線の発達により、消費者は地元で買い物するのではなく、選択肢が豊富にある都市部に向かうようになりました(これをストロー効果といいます)。その結果、地方におけるロードサイドビジネスの市場拡大は期待できなくなり、都市部進出につながったのではないでしょうか? 高速道路無料化が議論される昨今、もし、無料化が実現したら企業も、ビジネスモデルの転換を迫られるかもしれませんね。
posted by marunouchi21 at 16:48| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

「円高差益還元商品の購入し、家計を防衛する」

 IMG_4501.JPG 10月2日よりイオングループの425店舗では円高差益還元で最大100品目を値下げする緊急セールがスタートしました。第一弾は今月12日までですが為替レートによっては第二弾が行われる可能性もあるとのことです。昨年は市場に投機筋が入ったり、バイオエタノール燃料への期待感から小麦、大豆、トウモロコシなどが高騰し、物価高を招き、食品の店頭売価も上昇しました。シカゴ市場におけるトウモロコシ相場は2008年6月にピークを迎えているのですが、それ以降は下落が続き、現在はピーク時の約半分の価格です。しかし、メーカから出荷される商品の価格は物価高騰時に値上げしたままの状態です。さらに円高ドル安によりドル経済圏から輸入される商品に関しては為替差益が生じています。つまりメーカは利益をプールしていると推定されます。今回のセールは小売側からメーカに対し無言の値下げ圧力となるかもしれません。さて主な値下げ商品はスパークリングワインSALA VIVE BRUT(メキシコ産)も通常980円が780円になるなど値ごろ感のある価格となっています。なかでもグレープフルーツ68円(南アフリカ産)は目につきました。というのは、お酒を家で飲む方が増え、グレープフルーツを搾り、焼酎で割って飲むなど、ちょっとした贅沢が気軽に楽しめる価格帯になっていました。もちろん、グレープフルーツの隣にはジューサーを置くなど関連購買の喚起にも余念がありません。早速、100グラム98円のオーストラリア産 肩ロースかたまりを500グラムほど購入し、カレーを作ったのですが圧力鍋でしっかり煮込んだこともあり、うまみが引き出され、とても98円の牛肉とは思えない味わいでした!輸入品を買うにはありがたい円高も、輸出型企業の収益は悪化し、場合によっては労働者の賃金低下を招きます。せめて円高差益還元商品を買うことで家計防衛をしたいものです。
posted by marunouchi21 at 00:00| 東京 ☁| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。