2009年10月31日

「高速道路網の発達が企業のビジネスモデルさえも左右する」

IMG_0215.JPG 10月30日(金)家電量販店業界のリーディングカンパニー ヤマダ電機がLABI1(ラビワン)日本総本店 池袋を文字通りでっかくオープンしました。池袋三越跡地に開業した同店は売場面積7000坪、商品点数は150万点、日本最大級の売場面積と品揃え、日本総本店の名にふさわしい店構えとなっています。取材のため午前8時過ぎに到着したのですが、午前10時の開店を待ちわびた客が既に並んでいました。そう、最近の大型店のオープンでは、中国をはじめとする方が目玉商品を集団で買い占め、ネットオークションで転売することを目的に来店される方が目立ちます。もちろん、店頭には「転売目的の買い物はご遠慮ください」との注意書きがあるものの、おかまいなしです(苦笑)。
 さて、ヤマダ電機といえば家賃が安く、競争が少なく、道路が整備された地方のロードサイドに出店し、広域から集客し、売上を確保するというのが同社の勝ちパターンですが、最近LABI(ラビ)という業態を都市部で展開し、家賃が高く、競争が多い場所においても、ビジネスが成り立つようなノウハウを蓄積してきました。本来ならば地方を軸足に事業展開した方が売上高に占める販売管理費を抑制できるので、収益性は高くなるはずです。あえてリスクを負ってまで都市部に出店するのはなぜでしょうか?その背景には地方経済の地盤沈下があるからではないでしょうか?高速道路網や新幹線の発達により、消費者は地元で買い物するのではなく、選択肢が豊富にある都市部に向かうようになりました(これをストロー効果といいます)。その結果、地方におけるロードサイドビジネスの市場拡大は期待できなくなり、都市部進出につながったのではないでしょうか? 高速道路無料化が議論される昨今、もし、無料化が実現したら企業も、ビジネスモデルの転換を迫られるかもしれませんね。
posted by marunouchi21 at 16:48| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。