2011年01月09日

「演出力のある店だけが、景気低迷の中、成長する」

 2011_01_09写真 (1).JPG新年あけまして、おめでとうございます。今年も、お世話になりますが、よろしくお願い申し上げます。さて、新年の有楽町をぷらぷら歩いているとガード下に行列ができる店を見つけました。その名も「魚○本店(うおまるほんてん)」。沼津直送の新鮮な鮮魚類を中心に提供する海鮮居酒屋です。店頭には畳半分ほどの巨大な網が置かれ、まるで、漁が終わった海岸のよう。網の上には客から注文を受けた鯛、鯵(あじ)などの干物が並べられ、炭火で煙をあげながら焼かれています。一歩、店内に入るとそこには漁師さんの台所といった雰囲気。天井から裸電球が吊るされ、古くなった漁船を、そのまま客席に使用するなど、漁具をメンテナンスする番屋のようです。そんな漁師さんの香りがプンプンする店内を歩きながら、席に向かうと、食べる前から「きっと、この店はうまいに違いない!」。そんなプラス先入観を来店客に与えてくれます。景気低迷が叫ばれていますが、同店は毎晩、行列ができています。というのも、前述の通り、店内の装飾を漁師の番屋風にしたり、店頭に炭火の網を並べ干物を焼いたり、単純に酒類と鮮魚類を提供するだけでなく、「お客が財布を開きたくなるような」、「売場演出」に力を入れているからです。豊かになった今、料理や酒を出し、満腹感と、ほろ酔い気分を提供するだけでは、必ずしもお客は満足しません。ましてや「また、行きたい」とは思いません。素材がいいということは、繁盛店の必要条件であり、十分条件ではありません。経営者によっては「うちは素材がいいから」といって、そのことにあぐらをかいて、お客を楽しませようとしない方も少なくありません。そんな店では、売上が伸びない原因について景気低迷を挙げてきます。一方、魚○本店のように元気な店では、スタッフが威勢のよいかけ声をあげ、お客を楽しませようとする「演出力」を強化しています。そう、お客をいかに「楽しませるか」、徹底的に工夫している店だけが、売上アップの突破口を見つけ、伸びていくのではないでしょうか?
posted by marunouchi21 at 21:00| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。