2006年09月27日

Marunouchi Online Daily Column 2006/09/27(Wed)

「ランニングコストが安いSCは出店者から喜ばれる」

首都圏では、工場跡地などが再開発され、ショッピングセンターや住宅など複合的な機能を有した街が次々と誕生しています。海外から有名建築家を招き、アーティスティックなデザインの建物は見ているだけで、わくわくしてきます。天井高は5m以上と高く、太陽の光がさんさんと入り込み、室内は年中、南国のリゾート地にいるかの気分にさせてくれます。もちろん、快適な空間は心地よいのですが、ふと、電気代や光熱費の負担は誰がするのだろうと考えてしまいました。天井が高ければ、冷暖房効率も悪化しますし、窓拭き一つとっても、手間がかかりコストアップになります。その費用は当然、家賃に反映され、物価に転嫁されると思われます。もちろん、再開発されたエリアですから、地域冷暖房などにより、省エネ機能が搭載され、従来型よりも環境負荷を低減したシステムが導入されているのかもしれません。同じチェーン店であっても、出店するSCによって、売場面積あたりのコストは異なります。従ってランニングコストが低いSCに出店した方が、テナント店の利益率は高まるはずです。今、駅前においても、郊外においても、SCの建設ラッシュは続いております。今後、SC間の顧客獲得競争が激化する中、ランニングコストを抑えてかつ、集客力のあるSCに、テナントが集中することが予想されます。ゴージャスで値段の高いSCを選ぶのか、ハードは粗末でも商品価格は安いSCを選ぶのか。消費者はTPOや気分に応じて、「SCを使い分ける」時代へと突入したのではないでしょうか。
「ランニングコストが安いSCは出店者から喜ばれる」都市型SCにて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

【Daily Columnが本になりました!!】

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12




posted by marunouchi21 at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。