2006年10月16日

Marunouchi Online Daily Column 2006/10/16(Mon)

「戦略的な規模の拡大は企業価値を高める」

イオングループによるダイエー株取得が発表されました。全国、どこに行ってもイオンの看板を見かけるため、「これ以上、店を増やす意味があるのか」というのが、率直な感想でした。ダイエーは駅前中心、イオンはロードサイド中心に出店してきたため、商圏は重なるものの、面としてみれば、グループ全体のシェアは高まります。確かにそうかもしれませんが、もはや消費者は徒歩や自転車で買物に行く機会は少なく、駅前店舗はイオンにとって魅力的とは思えません。では、なぜ、ダイエー株取得に走ったのか。おそらく、ダイエー株取得の「おまけ」としてついてくる、食品スーパー「マルエツ」の経営権獲得が目的ではないでしょうか。もともと、イオングループは中部圏、関西圏を地盤としており、首都圏にはイトーヨーカ堂を筆頭に西友など、関東を地盤とする足腰の強いスーパーマーケットが存在していたため、イオングループといえども、首都圏に参入することは困難でした。一方、マルエツはダイエーの子会社として、人口密度が濃い、東京圏(一都五県)を中心に中・小型店を約190店舗展開。極めて物流面・営業面等で効率的な経営を行う優良企業です。ダイエーとマルエツはお互いに商圏の隙間を補完しながら、良好な関係を保ってきました。東京圏に基盤を築きたいイオングループにとって、マルエツを傘下におさめることで、一気に店舗網を築くことができるため、喉から手が出るほど欲しいようですよ。でも、規模の拡大し過ぎによって、くれぐれも、かつてのダイエーのようにならないで下さいね。「戦略的な規模の拡大は企業価値を高める」イオンの売場を歩きながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

【Daily Columnが本になりました!!】

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 07:09| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、私は私があなたの記事で驚いていますと言わざるを得ないおかげ。確かにクーポンは特別にオンラインで消費者に非常に便利です。
Posted by louis vuitton replica at 2014年05月26日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。