2006年10月22日

Marunouchi Online Daily Column 2006/10/22(Sun)

「災害発生後、4時間以内の行動が明暗をわける」

10月21日(土)、東京消防庁では災害時における参集訓練が行われ、地元消防団員として自分も参加しました。午前6時30分までに、所轄の消防署に徒歩、自転車、オートバイで集まると言うものです。消防庁の規定では震度5強の地震が発生した場合、時間帯に関わらず、全職員が所轄署に集合します。災害の規模によっては鉄道や道路が使えない場合もあるため、なるべく動力に頼らない交通手段で集まります。例えば、阪神淡路大震災が発生した午前5時45分ごろは、一般に消防署・警察署には、当直職員しか待機しておらず、通常時の4分の1程度の消防・警察力となっています。その時間帯に災害が発生し、同時多発的に怪我や火事が起き、通報を受けても、スタッフがいないため現場に急行することはできません。先日の訓練では、東京消防庁に所属する9割の職員が出勤するためには、約4時間かかりました。つまり、大規模災害発生から約4時間は、ある程度、自分たちでどうにか対処できれば、生き延びる可能性は高まると言えます。まずは、家庭内において家具類は必ず固定する、ガラスの破片で足を怪我しないように枕元にはスリッパを用意する、可能であれば応急手当の方法をマスターすることなどがポイントです。いつでも、行政が助けてくれると言うのは大間違いです。自治体で備蓄している食料や水もは、体が不自由な方やお年寄りから優先的に配布されるようです。行政がカバーできない空白時間帯に自衛できるか否か、災害時における明暗を分けることになるでしょう。
「災害発生後、4時間以内の行動が明暗をわける」参集訓練にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

【Daily Columnが本になりました!!】

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12




posted by marunouchi21 at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。