2006年10月24日

Marunouchi Online Daily Column 2006/10/24(Tue)

「街並みにマッチした同業種を集め、街を盛り上げる」

今、新しい大型ショッピングセンターができると、シネマコンプレックス(以下、シネコン)も併設するケースが目立ってきました。約10のスクリーン、座席数は約2000、お客はシネコンに行けば、ワンストップで10の上映作品から好きなものを選択できます。以前、映画を見るとなると、情報誌などで、「見たい映画が、どこで上映されているか」調べてから、出かけたものですが、今や、ふらっとシネコンに行けば、その場で上映案内を見ながらセレクトできます。そう、同じ業種が集積すると、消費者の利便性、選択性は高まり、人が集まってくるんですね。札幌にはラーメン店が集まったラーメン横丁、秋葉原にはソフトショップが集まった電気街・オタク街、新宿にはカメラ街、大阪鶴橋には焼肉店が集まるコリアンタウンなど、同業種が集まった街は全国的な知名度が高まります。驚いたのは、通勤経路上にある中央区の月島は、首都圏以外のエリアの方からは「観光地」、そう「もんじゃ焼」の街として知られているんですね。江東区や中央区の路地裏では、「もんじゃ」なんて見慣れた光景ですが、改めて屋形船が通り抜ける橋を渡りながら、もんじゃ焼店に向かうと「江戸の風情」を感じさせます。街の雰囲気と集まっている業種がマッチしていると、その「単業種集積」は全国区になります。アキバでメイドが歩くのも風情力をアップしてますよね。月島のように、街の雰囲気とマッチさせた、「○○の街」を意図的につくると、メディアから認知されやすくなり、集客力を高めることができるのではないでしょうか。「街並みにマッチした同業種を集め、街を盛り上げる」シネコンで感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

【Daily Columnが本になりました!!】

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118416308
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。