2007年09月07日

Marunouchi Online Daily Column 2007/09/07(Fri)

「お客様は買い物時”断る自由”を求めている」

ビリーズ・ブートキャンプやカシオのデジカメなど、TVショッピングで買う機会が増えてきました。その魅力について振り返ってみると、買い物時、「断る自由」があることです。たとえば、ふらりと家電量販店に立ち寄ったとします。もちろん、買うつもりはないのですが、なんとなく暇つぶしのために入ったとします。売場にいたスタッフと目があってしまい、商品説明を聞いたとします。だんだんとスタッフの会話に引き込まれてしまい、ついつい欲しいという気持ちになってしまったものの、家計を考えると「やっぱり、買うのはやめておこう」ということになります。そんな時、一生懸命説明してくれたのに、「買わないで帰るのは悪いなぁ〜」という罪悪感が残ってしまうこともありました。みなさんも、そんな経験はありませんでしたか? そう、店頭販売ではスタッフと対面しなければならないので、否応がなしに対人関係を作らされてしまいます。今まで、商業者の間では、丁寧な接客をする店が「いい店」として信じられてきていました。しかし、お客からすると丁寧な接客をされればされるほど、「買わされてしまうのではないか?」という恐怖感にさらされるわけです。欲しいもの、必要なものがない昨今、毎日、消費する生鮮食料品などを除き、「買い物するぞ!」という意思を持って、小売店に足を運ぶ機会はほとんどなくなりました。そんな時代背景のなか、急成長してきたのがテレビショッピングです。売り手は商品について詳しく説明するものの、買い手は欲しくなければ自由に断ることができます。TVショッピング界のリーディングカンパニーであるジャパネットたかたの成長の背景には、そんな消費者のわがままに対応できたらからではないでしょうか?
「お客様は買い物時”断る自由”を求めている」TVショッピングを見ながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密が発売されました!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4827203520/503-2714437-6539130?SubscriptionId=1N1JNYM5DVFTMHFYD902

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。