2007年09月28日

Marunouchi Online Daily Column 2007/09/28(Fri)

「ホノルルは観光客第一主義である」

本日はホノルルを訪ねております。最近、地方都市にある商店街や観光地の活性化のお手伝いをしておりますが、そのゴールとなる姿、あるべき姿を具体的にイメージできませんでした。そこで、誰もが「また、行きたい」というホノルルに行けば、何か地域活性化のヒントがあるのではないか、そんな思いで飛行機に飛び乗りました。成田から約6時間半でホノルル国際空港に到着します。ホノルル市内の移動の足は無料のシャトルバス。旅行会社のツアーもしくは、JCBカードを持っていると、市内の幹線道路を走る観光シャトルバスは無料で乗車できます。これが便利なんですよ。ちょこっと、足を伸ばすのに、気軽に飛び乗り、目的地の前に来たら、さっと降りる。しかも、無料ですから市内を縦横無尽に動くことができ、観光客にとって本当に便利なんです。さらに、座席はすべて窓を向いており、ホノルルの海や街並みを一望しながら、目的地まで行けます。横浜市や福岡市においても、無料ではないのですが、市内中心部を100円で移動できるバスを運航し、一定の成果が出たようです。観光客が小銭を使うことなく、市内を移動できると、市内全体にお客が行き渡り、お金も落ちるわけです。先日、ある街で観光客向けの無料シャトルバスが成功していることを事例として紹介すると、「タクシー業界から、客が減るとクレームが入るので、できないとのこと」。お客様第一主義と言うのは簡単ですが、どうもお客の存在は忘れられ、地元業者優先になります。日本の観光地、商店街の活性化、前途多難そうです。
「ホノルルは観光客第一主義である」無料バス車内にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密が発売されました!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4827203520/503-2714437-6539130?SubscriptionId=1N1JNYM5DVFTMHFYD902

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12




posted by marunouchi21 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。