2008年03月10日

Marunouchi Online Daily Column 2008/3/10(Mon)

「携帯電話の料金体系、どうにかなりませんか?」

もう携帯電話の機種変更に甚だ疲れました(涙)。携帯電話会社(以下、キャリア)を変えても、番号は変わらない制度の導入により、各キャリアは他社に乗り換えられないよう、通話料を大幅値引きする一方で、事実上2年間は解約できないよう”しばり”をかけてきました。仮に解約した場合、ユーザーは違約金を支払わなければなりません。一方、困るのは携帯電話機のメーカです。解約しづらくなった結果、ユーザーは携帯電話機本体の買い替え頻度が低下。マーケットシェアの低いメーカは新機種の売り込み機会が減少するため、売上低迷は避けられません。三菱電機の携帯端末の製造撤退の原因も、このあたりにあるのかもしれません。キャリアにとってプラス面は、「携帯2個持ち」の一般化です。従来、携帯は一人1台でしたが、ソフトバンク同士は一部の時間帯を除き通話料無料というプランがスタート。「友達がソフトバンクだから」という理由で、2台目としてソフトバンクに加入する人も増えてきました。自分も通話は携帯、メールはPHSといったように、用途に応じて2台を使い分け通信料を節約しています。また、三キャリアともに「端末価格は割安だが通話料金は高め」、「端末価格は高いけれども、通話料金は割安」の2通りから買い方を選べるようになりました。購入後にかかる通話料金をチェックしますと、はじめに3万円〜5万円払って電話機本体を買ったほうが支払い総額は少なくなるようです。いずれにしても、他社への乗換を予防するための措置なのですが、料金系が複雑化し過ぎた結果、一体、何が一番得なのか、全く見えなくなってきました。共通していることは、同一キャリア間の通話に関してはトクだということ。それ以外のキャリアにかけることは、割高になることだけは確かなようです。それにしても、携帯の料金設定、もっとユーザーにわかりやすくならないものでしょうかね?

【金子哲雄のDaily Click】

・おみくの原価は1円!〜時代を超えて生き残るビジネス〜が発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・日経ビジネスアソシエオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/associe/index.html

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいく
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。