2009年06月22日

「正々堂々と在庫品を値切り、日本経済を活性化させよう!」

51g4CMbiFbL__SS400_.jpgこのたび、講談社より適正価格は自分で決めろ!「値切りのマジック」という書籍を発売させて頂く事になりました。応援してくださったみなさまに感謝申し上げます。さて先日、午後6時54分頃のことです。新大阪駅の改札内側にて、弁当を購入しました。その際、650円のバッテラを500円に、950円の大阪寿司セットを800円に値切ることに成功。まさか駅構内の売店で値切れるとは思っていませんでした。店員さん曰く、売れ残って捨てるくらいならば、値段を引いてでも売った方が地球にも優しいとか。「アンタは偉い」と値切ったのに、褒められました。「値切り」の話をすると「そんなこと、できないよ」という声を多く耳にします。なぜならば、「客という立場を利用して、嫌がる店員に対して強引に迫って値段を下げ、買い手だけが得をする」。そこに抵抗があるというのです。しかし、本書を読んでくださいますと、この認識が誤っていることに気付かれるかと思います。本物の値切りとは買い手だけでなく、売り手も喜ぶ値下げ交渉をいうのです。自分の本業は流通ジャーナリスト、購買促進コンサルタントです。経営不振に陥った流通業を建て直すお手伝いをしています。その際に必ず相談を受けることは「在庫を処理してほしい」ということ。つまり売り手からしても「在庫品」に関しては、値引きしてでも販売したいのです。在庫処理の手伝いをしてくれる客は、店にとってありがたい客であり、決して店員から嫌われることはないのです。もちろん流通業界の最前線では激しい価格競争が繰り広げられ、生きるか死ぬかの“ギリギリの戦い”をしています。そんななか、頭ごなしに「値切れ、値切れ」と叫ぶのは、正しい値切りとはいえません。本書を通して、どうか本物の値切り術をマスターし、買い物をアクティブに楽しんで頂ければ幸いです。そして在庫が動き、経済が回り始めることが、景気回復の起爆剤になることを祈っています。ありがとうございました。http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22
posted by marunouchi21 at 00:00| 東京 ☀| 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。