2009年11月07日

「小回りのきくパパママストアこそ、不況に強い経営体である」

 IMG_0093.JPG激安というと、大量仕入・大量販売ができる大手流通業の特権のように思われる方もいらっしゃると思いますが、実は家族経営のパパママストアでも激安で販売し、集客力を高めることができるんです。まず、大型店は販売管理費、すなわち、お客がいてもいなくても巨大な店舗を運営するための人件費、エレベーターなどの電気代、さらに駐車場管理費といった販売に関わる経費がかかります。パパママストアでは人件費はかかるものの、家族ですし、店舗も自宅兼用のところも少なくありません。景気低迷により売上が伸びにくい昨今、売上が減少しても、赤字になりにくい店こそが生き残るのです。もちろん大量仕入できるので、仕入単価はパパママに比べ安くなりますが販管費が重くのしかかってくるのも事実です。そうなると強いのは経営体が軽いパパママストアです。 激安で仕入れるものはズバリ、大手流通業から問屋に返品された商品です。例えば、ある大手流通業では問屋に対し、自社のオリジナルの衣料品を発注したものの、需要を読み違えてしまい、発注量の半分しか、問屋から引き取らないということもあります。問屋も大手との関係を悪化させたくないため、涙を飲んで半分の引き取りに応じます。残ったものは、問屋が抱えていてもキャッシュフローが悪くなるだけなので、現金で購入してくれるパパママストアに販売します。また、生鮮三品においても、市場に行けば「大手が買わなかった残り物」が意外にあります。例えば、新鮮なサンマが50箱、市場に残っていても、60店舗あるチェーンは全店舗において統一的な品揃えができないため、通常は買いません。そんな端数しかない生鮮三品をパパママストアは市場で狙い撃ちし、大手の仕入価格の3分の1程度で調達するのです。消費者の節約志向の強まる今こそ、激安パパママストアを活用してはいかがでしょうか?
posted by marunouchi21 at 00:00| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。