2009年12月12日

「企業の独自性を高めることがデフレ脱却のキーワードである」

IMG_0817.JPG デフレの象徴として大手牛丼チェーンの値下げがメディアで話題となっています。業界最大手、吉野家では牛丼(並盛 380円)とみそ汁(50円)、さらにサラダ、漬物、キムチのいずれか一品(各90円)をチョイスしセットで500円で販売。三品をバラで購入した合計額520円よりも20円安くし、ワンコインで食べられることで割安感を強調し、客単価向上を目指しています。追いかける松屋フーズも牛めしとサラダ、みそ汁をセットにした牛めし野菜セットも520円から460円に値下げ。吉野家よりもセットメニューでさらに40円値下げすることで対抗。さらに外食大手ゼンショーが運営する「すき家」でも牛丼(並)みそ汁サラダセットを430円から380円に値下げ。つまり、すき家はセットメニューにおいて、吉野家よりも120円、松屋よりも40円安く設定し、勝負に出ています。価格面においては他チェーンと比べ、競争力を失った吉野家ですが、客数はそれほど減ってないようです。消費者の多くは「牛丼=吉野家」という方も多く、他のチェーンが値下げしたからといって吉野家ファンは簡単にはブランドスイッチしません。まさに、王者の風格です。しかし吉野家以外のチェーンは厳しく、近隣にその店の牛丼と同じ、もしくは安い価格帯の弁当等を販売するスーパーマーケット等が立地していると、消費者は「牛丼をやめて、250円弁当にでもしようか」とブランドスイッチする方も増えています。どうやら、好景気時に「独自の得意分野を持ち、価格に左右されることなく来店する客を創ってきたか」。それを実践し、ブランドイメージを確立しているチェーンのみがデフレに打ち勝ち、お客様から支持されるようです。今、日本社会全体において”値下げ合戦”が繰り広げられていますが、値下げしてデフレを加速させるよりも、お客に認知されるような差別化サービスを実施することの方がデフレ脱却の近道ではないでしょうか?
posted by marunouchi21 at 22:27| 東京 ☀| 今月の顧客視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。