2009年12月14日

「新規客層を開拓するブランドが成長軌道に乗る」

  IMG_0870.JPG臨海副都心地区にあるヴィーナスフォートがリニューアルし、アウトレットフロアーがオープンしました。49のショップが入居する同フロアには渋谷、原宿などで人気のブランドをはじめ、アウトレット初出店のブランドも19あるなど、郊外型モールに比べ小規模ですが注目度の高いテナントミックスになっています。銀座からゆりかもめに乗り、約30分で来館できるため、平日の会社帰りにも立ち寄れます。都市型の場合、電車やバスといった公共交通機関でも簡単にアクセスできるのも魅力です。都心部に出店し、来館利便性が高まったことで、正規価格で販売している百貨店、専門店と至近距離にアウトレット店が立地していると正規価格で買う客がいなくなるのでは?という懸念もありますが、都市型と郊外型では微妙にブランド側の出店戦略に違いがあるようです。従来の郊外型は在庫を処理する場でしたが、都市型では「顧客創造の場」としての位置づけています。景気低迷に伴い、はじめてそのブランドの商品を購入するエントリーユーザーが減少しているため、ブランド側も正規価格で販売すると、やや高価なため、新規顧客層を獲得することは困難です。そこでエントリーユーザー向けに低価格ラインを中心に品揃えし、まずは、そのブランドを知ってもらうための場として活用しています。百貨店の衰退が叫ばれて久しいですが、その原因の一つとして自宅通勤・短大卒・正社員OL(以下、旧型OL)が労働市場においてほぼ消滅したことが挙げられます。つまり、比較的可処分所得が高く、百貨店におけるエントリーユーザーだった旧型OLがいなくなった結果、ブランドでは新たに自社でエントリーユーザーを育成する必要があるわけです。そのニーズにマッチした業態がまさに都市型アウトレットです。景気低迷の今、新しい客層を開拓する業態は成長していくのではないでしょうか?
posted by marunouchi21 at 13:02| 東京 ☁| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。