2010年03月08日

「不況時は低単価・高回転率ビジネスが強い」

 IMG_0513.JPG大阪を訪ねると必ず立ち寄るのが梅田にある「きじ」というお好み焼き屋さんです。牛すじの入ったすじ焼きと、やきそばが入ったモダン焼きを注文するのですが、食べる度に深い感動を得られます。さらに、この店はビジネスに必要な知恵をすべて教えてくれます。まずは、初期投資を抑えるということ。例えばフランス料理店を開業するとなると、皿やナイフ、フォーク、ワイングラスなどの備品が必要ですが、お好み焼き店の場合、大きな鉄板があれば、グラスもビール会社から無償提供されたもので済ませられます。原材料もフレンチと異なり、小麦粉と玉子、キャベツくらいですから、金額もしれています。やり方次第では初日から営業黒字も可能です。フレンチとお好み焼き、単価を比べると、フレンチは高額のため、食する頻度も低いです。また、景気が低迷していると高額なフレンチを食べたいという気持ちにもなりにくいです。一方、お好み焼きは低単価でかつ、フレンチよりも商品回転率は高いです。店舗施設に関しても、減価償却済みでも、お客を呼ぶことができます。例えば、フレンチの店で店頭が汚れていたり、店内の壁がすすけていると、「手入れが行き届いていない」と思われ、集客力を落としますが、お好み焼き店の場合、どんなに、すすけていても、逆にお客は「老舗の味わい」とプラスにとらえます。つまり壁の塗り替えなどは、ほとんど不要です。なかでもお好み焼き店の一番の強みは”ライブクック”です。お客の目の前で調理されている様子は、一つのパフォーマンスであり、湯気とソースの焼ける香りは鉄板周辺にシズル感を醸し出し、食欲を向上させます。出来上がるまでの時間は”どんな味わいを楽しめるのか”期待感を高めてくれます。お好み焼きのように低単価で見栄をはらないビジネスは景気に左右されない強さがあるのではないでしょうか?
posted by marunouchi21 at 21:00| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。