2010年03月26日

「手作リッチ客の創造が消費不況の打開策になる!?」

IMG_0943.JPG 2010年3月は横浜みなとみらい地区にて商業施設の開業ラッシュが続いています。桜木町駅前には約130のショップ、シネマコンプレックス、飲食ゾーンから構成されるコレットマーレが、横浜駅東口には横浜ベイクオーターANEXがオープンするなど、消費不況にも関わらず商業集積間の競争は激化傾向にあります。そんななか、ひときわ異彩を放ち、集客力を高めているショップがコレットマーレ1階に出店している貴和製作所です。同店ではビーズアクセサリーを中心に、その部品を販売しているのですが、単に部品を販売しているだけではありません。店奥にカフェスペース、「ビーズバー」を設け、客にコーヒーなどを”無料”で提供。その場で購入したビーズを組み立てることができるんです!もちろん、アクセサリーを作る上で不明な点があれば、気軽にスタッフに尋ねることもできます。まさに「売り場」と、「作り場」を組み合わせた業態は、お客の利便性を高め、同店のファンを一気に増やしているようです。市場が成熟化した今、既製品では物足りない消費者が存在していました。「手作りしたい」、でも、全くのゼロから作るのは面倒ですし、よくわからない。そんなお客の抱える問題を解決したのがまさにビーズバーです。商品販売に加え、組み立て場所を提供したことで、今までお客が抱えていた問題を解決し、顧客満足度を高め、リピート客づくりにつながっています。さらに、ビーズの使い方を店内にて情報提供することで、新たな需要を創造し購買意欲を喚起しています。まさに、手作りで、リッチな時間を楽しむ“手作リッチ”客を店内で育成しているわけですね! ”モノが売れない”と言われる時代になると、単にモノを売るだけでは売上の伸びは期待できません。新たなニーズを掘り起こし、新たなお客を創る、すなわち顧客創造こそが、消費不況の打開策になるのではないでしょうか?
posted by marunouchi21 at 10:45| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。