2010年05月13日

「ハングリーさを取り戻すことが、成長への起爆剤となる」

 3-1.jpgラスベガスで開催されている食品スーパー向け商材の展示会、FMIショーを訪ねています。アメリカで開催されるトレードショーは、本来、北米市場向けに行われているのですが、会場で目立つのは中国からの来場者です。もちろん、英語圏、スペイン語圏からの来場者が中心であることには違いないのですが、彼らはサブプライムショック以降、堅実路線になっているのでしょうか?どちらかといえば売上をあげるための陳列什器や集客力を高めるための販促ツールよりも、経費を削減するためのシステムやセルフレジといった展示カテゴリーに人だかりができていました。どうも、北米、南米の経済は攻めよりも、守りといった空気が会場の人の流れからも感じられます。 一方、投資意欲マンマンなのが中国貿易団、ご一行様です。上海から来たという流通関係者によると中国の都市部にある食品スーパーマーケットでは、POSシステムやレジスター、冷蔵、冷凍什器などは、導入してから、わずかな期間で「元がとれる」とのこと。さらに都市部では中華料理以外のグラタンやパスタ、ピザなどの洋食も普及してきており、関連する調味料や冷凍食材、ソース類の需要も高まっているとのことです。展示ブースによっては中国語で対応できるスタッフを常駐させるなど、今やFMIショーはラスベガスで開催されるフードショーでありながら、中国向け顧客を獲得する場になっています。中国人はギャンブル好きと言われており、ラスベガスのホテル群でも、上客として迎えられていますが、彼らは展示会が終わると、カジノに興じることもなく、すぐさま地元スーパーマーケットの見学へと出かけます。先進的な企業について学ぼうとする姿勢は貪欲です。それにしても、中国人の勢いはとどまるところを知りません。改めて今回の展示会ではハングリーさこそ成長の起爆剤であることを思い知らされました。
posted by marunouchi21 at 22:50| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。