2010年07月04日

「新たな市場を創造する企業だけが売上を伸ばす」

 IMG_1563.jpg5月末日、米国アップル社の多機能情報端末i Padが日本にも上陸しました。発売の3日前から店頭で行列ができるなど、大ヒットを予感させる滑り出しとなりました。i Padの価格は48800円から81800円とけっして安い値段ではありませんが、発売から約3か月経過した今もなお、量販店のi Padコーナーには人だかりができています。もちろん製品そのものの卓越したデザイン性もあるのだが、それ以上に注目すべき点はアプリと呼ばれるソフトウェアが無限に広がることです。i Padでできることの一部を紹介するとウェブサイトの閲覧、メール送受信、音楽プレーヤー、ビデオプレーヤーといった基本機能に加え、文書やプレゼンテーション、表計算資料の作成といったアプリ、さらにカロリー計算、旅行ガイド、電子書籍の閲覧といったように、ユーザーのライフスタイルに応じて、必要なアプリを専用サイトからダウンロードし、自分仕様で使いこなすことができるんですね。アプリはユーザーの声に応じて、次々に開発されるため、使い方は無限大に広がります。そう、i Padは購入することがゴールではなく、購入した時点がスタートラインであり、後はユーザー次第で活用法さえも考えていくといった端末なんです。しかも、i Padの箱をあけると、説明書らしい説明書は入っていません。そう、説明書を入れないことで、かえって、ユーザーは直営店に足を運び、スタッフに使い方などを聞きにくるため、そのついでに、商品に関連するアクセサリーなどを購入してしまうこともあります。デフレ時代に、高くても売れている企業では、単に商品を販売するのではなく、新たな食べ方、飲み方、使い方といったものを具体的に提案。新たな市場と需要を創造しているが故に競合他社に比べ高額商品であっても売上を堅調に伸ばしているのだ。成熟化した社会では、企業の売上は景気に左右されるのではありません。新たな市場を創造した企業のみが、売上を伸ばせると言えるのではないでしょうか?
posted by marunouchi21 at 21:41| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。