2010年07月25日

「新たな流通チャネルの開拓が、生き残りのカギとなる」

 IMG_1624.jpg先日、デジタルカメラを買い替えたのですが、今から20年前を振り返りますと、カメラはカメラ屋さんで購入したものですが、今では家電量販店で買い物するようになりました。カメラがフィルムから、デジタルに移行したことにより、商品の位置付けもカメラから電化製品へと移行したことに伴い、売っているチャネル(売場)もカメラ店から家電量販店に変わりました。同様にビール、文房具、雑誌なども、20年前、消費者がよく買っていた店と現在、買っている店を比較してみると、ビールは酒販店から酒ディスカウントストア、そして現在はコンビニエンスストア(コンビニ)、文房具も文具店からコンビニ、そして現在は100円ショップ、雑誌類も書店からコンビニへと変化しました。ビール、文具のメーカーや出版社では、当時、まだ、流通チャネルとして確立するかどうか未知数だったコンビニに注目しチャネル開拓を行いました。コンビニが登場した直後は「24時間営業なんて、採算があうわけない」など懐疑的でした。例えば日本酒業界では、旧来からの強固な酒販店ルートを持っているので、同一商圏内にコンビニができると、旧来からの取引先と競争関係になります。そのため商品をコンビニに卸さないメーカーが大半でした。周知の通り、多くの酒販店は市場から姿を消したことにより、日本酒メーカーでは流通チャネルも失いました。コンビニルートを開拓していたメーカーは少数派のため、酒販店がなくなった結果、日本酒の消費量も下落を続け、ピーク時の6割程度の売上規模へと縮小しました。そう、消費者が便利と感じる売場は変化しているわけですから、その変化に応じて新しい売場を開拓したところだけが、売上を伸ばすことができるのです。今では社会のインフラとして確立しているスーパーマーケットでさえ、当初は「スーっと出て、パ〜っと消える」と考えるメーカーも少なくなく、商品を苦労して調達したと言われています。新たな流通チャネルは10年後の主流になるかもしれません。どの業界においても、将来を見据えたチャネル開発が生き残りのカギになりそうです。
posted by marunouchi21 at 22:50| 東京 ☀| Crowd is Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。