2009年06月22日

「正々堂々と在庫品を値切り、日本経済を活性化させよう!」

51g4CMbiFbL__SS400_.jpgこのたび、講談社より適正価格は自分で決めろ!「値切りのマジック」という書籍を発売させて頂く事になりました。応援してくださったみなさまに感謝申し上げます。さて先日、午後6時54分頃のことです。新大阪駅の改札内側にて、弁当を購入しました。その際、650円のバッテラを500円に、950円の大阪寿司セットを800円に値切ることに成功。まさか駅構内の売店で値切れるとは思っていませんでした。店員さん曰く、売れ残って捨てるくらいならば、値段を引いてでも売った方が地球にも優しいとか。「アンタは偉い」と値切ったのに、褒められました。「値切り」の話をすると「そんなこと、できないよ」という声を多く耳にします。なぜならば、「客という立場を利用して、嫌がる店員に対して強引に迫って値段を下げ、買い手だけが得をする」。そこに抵抗があるというのです。しかし、本書を読んでくださいますと、この認識が誤っていることに気付かれるかと思います。本物の値切りとは買い手だけでなく、売り手も喜ぶ値下げ交渉をいうのです。自分の本業は流通ジャーナリスト、購買促進コンサルタントです。経営不振に陥った流通業を建て直すお手伝いをしています。その際に必ず相談を受けることは「在庫を処理してほしい」ということ。つまり売り手からしても「在庫品」に関しては、値引きしてでも販売したいのです。在庫処理の手伝いをしてくれる客は、店にとってありがたい客であり、決して店員から嫌われることはないのです。もちろん流通業界の最前線では激しい価格競争が繰り広げられ、生きるか死ぬかの“ギリギリの戦い”をしています。そんななか、頭ごなしに「値切れ、値切れ」と叫ぶのは、正しい値切りとはいえません。本書を通して、どうか本物の値切り術をマスターし、買い物をアクティブに楽しんで頂ければ幸いです。そして在庫が動き、経済が回り始めることが、景気回復の起爆剤になることを祈っています。ありがとうございました。http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22
posted by marunouchi21 at 00:00| 東京 ☀| 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

Marunouchi Online Daily Column 2007/09/07(Fri)

「お客様は買い物時”断る自由”を求めている」

ビリーズ・ブートキャンプやカシオのデジカメなど、TVショッピングで買う機会が増えてきました。その魅力について振り返ってみると、買い物時、「断る自由」があることです。たとえば、ふらりと家電量販店に立ち寄ったとします。もちろん、買うつもりはないのですが、なんとなく暇つぶしのために入ったとします。売場にいたスタッフと目があってしまい、商品説明を聞いたとします。だんだんとスタッフの会話に引き込まれてしまい、ついつい欲しいという気持ちになってしまったものの、家計を考えると「やっぱり、買うのはやめておこう」ということになります。そんな時、一生懸命説明してくれたのに、「買わないで帰るのは悪いなぁ〜」という罪悪感が残ってしまうこともありました。みなさんも、そんな経験はありませんでしたか? そう、店頭販売ではスタッフと対面しなければならないので、否応がなしに対人関係を作らされてしまいます。今まで、商業者の間では、丁寧な接客をする店が「いい店」として信じられてきていました。しかし、お客からすると丁寧な接客をされればされるほど、「買わされてしまうのではないか?」という恐怖感にさらされるわけです。欲しいもの、必要なものがない昨今、毎日、消費する生鮮食料品などを除き、「買い物するぞ!」という意思を持って、小売店に足を運ぶ機会はほとんどなくなりました。そんな時代背景のなか、急成長してきたのがテレビショッピングです。売り手は商品について詳しく説明するものの、買い手は欲しくなければ自由に断ることができます。TVショッピング界のリーディングカンパニーであるジャパネットたかたの成長の背景には、そんな消費者のわがままに対応できたらからではないでしょうか?
「お客様は買い物時”断る自由”を求めている」TVショッピングを見ながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密が発売されました!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4827203520/503-2714437-6539130?SubscriptionId=1N1JNYM5DVFTMHFYD902

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

Marunouchi Online Daily Column 2004/11/20(Sat)

「やめる」から始める人生経済学
森永卓郎著 アスペクト 1470円(税込)


「幸せにはなりたいが、がんばりたくない」といった内容のCMソングが流れてくると、「まさに、そうだよな〜」と一人で頷いていました。会社員になるものの、出世にも興味がなく、入社1ヶ月もすると昇進レースもボイコットしていました。平成7年頃からお金を1円でも稼ぐ方法を考えるのではなく、1円を有効に使うノウハウを蓄えることに注力を注ぎました。例えば年収1000万円を稼ぐことを目標にするのではなく、知恵を絞ることによって年収300万円で、年収1000万円と同じ価値を生み出す方法を求めて東奔西走しています。住居は買わずに公共賃貸住宅に住む、車は持たずに電車・バス等、公共交通機関を利用するなど、リースを活用しながら生活コストを変動費化し、「損益分岐点収入」を下げる工夫を「楽しんで」います。昨日も秋葉原に出かけ、外付けハードディスクを購入したのですが、アウトレット部品を使い、既製品価格の4分の1以下で組み立てることができました。マイカーを手放してみて気付いたのですが、都心ではなくても困らないんですね(当たり前のことですが)。ところが一度、手に入れると手放すことが困難になりますね。資産を持つことでランニングコストがアップし、高収入を維持しなければ生活を保てないほうがリスキーではないでしょうか。最近やっと年収380万円で生活をエンジョイできる体制を整え、価格競争力をアップしました。本書は「やめること」で人生をエンジョイするヒントを教えてくれます。
楽しみながら1円を使い、損益分岐点収入を低下させたい方、必読書です。

・小千谷市災害対策本部
http://www.city.ojiya.niigata.jp/

・Marunouchi Online
http://www.marunouchi.net/

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

Marunouchi Online Daily Column 2004/10/26(Tue)

「日記の魔力」
この習慣が人生を劇的に変える
表三郎著 サンマーク出版 1365円(税込)


 ホームページ上でビジネスコラムを提供するようになって304日が経過しました。途中、小笠原諸島、イタリア、香港に渡航中、インターネット環境がつながらなかったのべ5日間を除き、毎日更新することができました。みなさまからのメッセージが励みとなり、現在も書き続けることができます。過去、5回以上、日記を書こうと思い、専用の万年筆やノートなどグッズを買い揃えるものの、3日どころか2日も続きませんでした。今回、日記を書くことにチャレンジしたのは、お会いした方への感謝の気持ちとして、その方の代理として街を歩き、有用な情報をご提供できればと思ったからです。自分のことを書こうとすると書けないものですが、お世話になった方に何かお役に立てればという思いで歩いたり、新聞・雑誌を見ていると関連情報に不思議とぶつかるものです。日記を公開したことによって、一番、大切なことを体得できました。それは「身近な情報を提供することで信用を創ることができる」ということです。はじめてのお客様から仕事を受注する際、過去の実績はわからないわけです。そんな時、好きな本、レストランなど、身近な情報をご紹介し、読者の方も共感されますと「きっと、いい仕事をするに違いない」と連想し、結果として、お仕事につながるようになりました。本書では日記を「自分の立ち位置を確認する羅針盤」と定義し、日記の使い方、続け方について書かれています。自分を客観視することで未来を拓きたい方、必読の書です。

・Eストア
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat6/cat6-0033.html

・Marunouchi Online
http://www.marunouchi.net/

・あの手羽福が六本木ヒルズにオープン!
http://blog.livedoor.jp/usamimi3/archives/8658052.html


posted by marunouchi21 at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

Marunouchi Online Daily Column 2004/10/15(Fri)

「深層心理で売る技術 欲望を巧みに操る賢者のテクニック」

内藤誼人(よしひと)著 PHP研究所 1470円(税込)

 同じメーカの商品であるならば、どの店で購入しても品質的には差異はありません。類似した立地で同一価格であるならば、売上に差はないはずです。ところが、ある店では売れ、一方の店では売れないといった現象が見られます。先日、新宿のカメラ量販店においてプリンターメーカが販売キャンペーンを行っていました。プリンターというと地味な事務機の一つですが、店頭に立つキャンペーンガールはなぜかボディーラインがくっきりと浮き出るコスチュームを着用していました。やはり、セクシーな女性が呼び込みをしているだけで、プリンターに興味のない人までもが立ち止まってしまうようです。パンフレットを手に取りながら商品説明を聞き、思わず衝動買いする男性の姿も目立ちました。ここでポイントなのは商品力が高いことだけでは購買の動機付けにはならないことです。従来のマーケティングの教科書では、品質だ、価格だ、品切れはだめだ等と述べられていますが、売りの現場では、教科書的な要素以外の理由でモノが売れているように感じます。小生が石油会社に在職しているとき、元モーニング娘の中澤裕子タイプの女性を採用すると男性客の単価が上昇しました。本書ではセクシーなコスチュームで衝動買いを誘導する「ちょいエロマーケティング」やフランスの馬具メーカのように意図的に品切れを起こし購買意欲を喚起する「品切れマーケティング」などの具体例が紹介されています。
セクシー資本主義社会の真髄を極めたい方、必読の書です。

・Marunouchi Online
http://www.marunouchi.net/

・あの手羽福が六本木ヒルズにオープン!
http://blog.livedoor.jp/usamimi3/archives/8658052.html


posted by marunouchi21 at 22:35| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 今月のブックスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。