2008年03月10日

Marunouchi Online Daily Column 2008/3/10(Mon)

「携帯電話の料金体系、どうにかなりませんか?」

もう携帯電話の機種変更に甚だ疲れました(涙)。携帯電話会社(以下、キャリア)を変えても、番号は変わらない制度の導入により、各キャリアは他社に乗り換えられないよう、通話料を大幅値引きする一方で、事実上2年間は解約できないよう”しばり”をかけてきました。仮に解約した場合、ユーザーは違約金を支払わなければなりません。一方、困るのは携帯電話機のメーカです。解約しづらくなった結果、ユーザーは携帯電話機本体の買い替え頻度が低下。マーケットシェアの低いメーカは新機種の売り込み機会が減少するため、売上低迷は避けられません。三菱電機の携帯端末の製造撤退の原因も、このあたりにあるのかもしれません。キャリアにとってプラス面は、「携帯2個持ち」の一般化です。従来、携帯は一人1台でしたが、ソフトバンク同士は一部の時間帯を除き通話料無料というプランがスタート。「友達がソフトバンクだから」という理由で、2台目としてソフトバンクに加入する人も増えてきました。自分も通話は携帯、メールはPHSといったように、用途に応じて2台を使い分け通信料を節約しています。また、三キャリアともに「端末価格は割安だが通話料金は高め」、「端末価格は高いけれども、通話料金は割安」の2通りから買い方を選べるようになりました。購入後にかかる通話料金をチェックしますと、はじめに3万円〜5万円払って電話機本体を買ったほうが支払い総額は少なくなるようです。いずれにしても、他社への乗換を予防するための措置なのですが、料金系が複雑化し過ぎた結果、一体、何が一番得なのか、全く見えなくなってきました。共通していることは、同一キャリア間の通話に関してはトクだということ。それ以外のキャリアにかけることは、割高になることだけは確かなようです。それにしても、携帯の料金設定、もっとユーザーにわかりやすくならないものでしょうかね?

【金子哲雄のDaily Click】

・おみくの原価は1円!〜時代を超えて生き残るビジネス〜が発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・日経ビジネスアソシエオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/associe/index.html

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいく
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

Marunouchi Online Daily Column 2008/02/03(Sun)

「悪天候の日に買い物する」

東京地方は珍しく積雪が5cmを超えるなど、交通機関も乱れています。幸いなことに、今日は自宅作業のため、出かけないのですが、冷蔵庫の中は空っぽ。雪のなかスーパーマーケットに足を運びました。今日は節分のため、売場では恵方巻きの販売に力を入れていましたが、あいにくの天気のため、いつもの休日と比べて客数は約3分の1。恵方巻きは節分の時に食べると無病息災で過ごせるという言い伝えを根拠に、関西の海苔業界を中心に海苔消費を喚起するために”節分の日に巻き寿司を食べよう”というキャンペーンが、ここ4〜5年、盛んに行われるようになってきました。総菜関係の会社では深夜3時頃に出社し、恵方巻きを作り始めるのですが、今日のように大雪が降ってしまうと、客足が減ってしまい大量に売れ残ってしまいます。もちろん天気予報である程度、客足が減ることは予測できましたが、節分の日は年に一度しかありません。クリスマスが終わるとクリスマスケーキが売れないように、今日しか価値を持たない商品は、今日売らざるを得ないため値段を下げても、売り切ろうとします。競争が激しくなっている流通業において、売り手が重視していることの一つが客数です。その客数を確保するために、儲けを度外視した目玉商品を用意し、お客の来店意欲を喚起するわけですね。店に来るきっかけとして、年中行事にちなんだ商品を販売するわけです。しかし、売り手が意図的に来店動機をつくっても、やはり天気には勝てず、計画していた客数を確保することは困難です。ですから、天気の悪い日に買い物すると、生鮮三品など保存がきかない商品は、晴れた日よりも割安で買えることもあります。「だったら、毎日、雨がいいなあ」なんて思いますが、雨が続くと農産、海産物の入荷が減るので価格は上昇します。予想外の悪天候は、まさに買い物日和ではないでしょうか!

【金子哲雄のDaily Click】

・おみくの原価は1円!〜時代を超えて生き残るビジネス〜が発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいく
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 13:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

Marunouchi Online Daily Column 2007/12/31(Mon)

「お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいく」

2007年もお世話になり、ありがとうございました。今年は懸案だった「お金をかけないほど、新しい仕事はうまくいく」という書籍を出版することができました。まずは、出版にあたりまして、情報をご提供頂いた経営者のみなさま、そして編集協力を頂きました井下優子さまに、心から御礼申し上げます。自分はサラリーマンを経て、無一文から流通ジャーナリスト兼購買促進コンサルタントという仕事をはじめたのですが、お金や信用がなかったが故に、一貫してお金をかけることなく、お客を集め、情報をいかに伝播させるかということを考え続け、思いついたことは可能な限り実践してきたように思います。そもそも、本書を執筆するきっかけは、社会人となり石油会社の株式会社ジャパンエナジーで働いている時、あるガソリンスタンドの社長さんから、「金子君、お金をかけて売上を伸ばすことは誰でもできる、お金をかけずに売上を伸ばすことが知恵なんだよ」と言われたことを鮮明に記憶しています。以来、売上を上げるために、とにかくお金をかけないことを念頭におき、取り組んで参りました。なかでも比較的、汎用性が高く、意思さえあれば難なくできることを、181ページにまとめました。また、新しいことを始める際、失敗したらどうしよう?、上司に怒られてしまうのではないか?、(失敗して)恥ずかしい思いをするのではないか?そんな、不安を抱えていると、せっかくGOODアイデアがあっても、なかなか一歩を踏み出せないものでした。ところが、リスクゼロ、元手がかからないものであれば、仮に失敗したとしても帳簿上は損失ゼロですから、上司や関係者を説得するのも比較的簡単でした。2008年も「お金をかけずに売上をアップする」をモットーに、自分も実践し、一人でも多くの方にそのアイデアをお知らせして行けるよう努力したいと存じます!来年もよろしくお願い申し上げます。

【金子哲雄のDaily Click】

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいくが発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

Marunouchi Online Daily Column 2007/12/24(Mon)

「太りにくいライフスタイルを実践する」

忘年会が続くと、どうも太りがちになります。そこで、今年は食べても太らないようにと忘年会が始まる前に一度帰宅し、自転車に乗り、会場に向かいます。自宅から六本木などの繁華街までは自転車で30分、約8kmなので、会場に到着する頃にはちょうど良い具合にお腹もすき、おいしく食事ができます。また、甘いものが大好物なのですが、ケーキや和菓子を食べるときは、目的地の一駅手前で下車し、歩くようにしています。35歳を過ぎてから代謝が落ち、食べても消化が悪く、体内に栄養素が残りやすい、すなわち太りやすい体質になっています。やはり、20代と同じような食生活を送っていると、お肉がどんどん下腹部についていきます。やはり、日頃から体重や体形を意識することが大切ですね。昨年、健康診断を受けた際、脂質が標準値より高かったので、以後、脂肪分の少ない食品を意識して選ぶようにしました。おかげさまで、今年の健康診断では、脂質は標準レベルまで戻り、なんとか回復。食生活をはじめ、ライフスタイルの中で健康を意識すると、診断結果にも反映さり、俄然、やる気が出てきました。さらに、今年は自転車に乗るようになったこともあり、9月にはホノルルにて120km、11月には沖縄にて243km走り、多少ですが全身に筋肉が増え、健康診断の結果でも、握力などが約1.5倍、増えていました。元々、体を動かすことが好きではなかったにも関わらず、30代半ばを過ぎても体力がアップすることを実感できたこともあり、ますます自転車に乗ったり、歩くことが楽しくなりました。来年はさらに5kg痩せることを目標に太りにくいライフスタイルを実践したいと思います。

【金子哲雄のDaily Click】

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいくが発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

Marunouchi Online Daily Column 2007/12/09(Sun)

「異業界の常識が既存業界を活性化する」

イオングループがイオン銀行を開設しました。確かに「銀行」と名前はついていますが、従来の銀行とは全く異なるスタイルの「よいサービス」を提供しています。既存の銀行との一番の違いは窓口営業時間、メガバンクの多くは午前9時から午後3時でしたが、イオン銀行の窓口はショッピングセンターの営業時間とほぼ同じ午前9時から午後9時です。もちろん、土日、祝日も営業します。銀行に勤務する人に「なぜ、営業時間を夕方まで延長できないのか?」と訊ねると、「窓口終了後、事務作業があるから」とのこと。スーパーマーケットでも事務作業はありますが24時間営業を可能としているのに?つまり、銀行業界では顧客利便性を全く無視しているわけです。そこで、流通業界から参入したイオン銀行では、銀行業界の常識ではなく、最も競争が激しいと言われる流通業界の常識、すなわち、お客の利便性を最優先し、営業時間、営業スタイルを組み立て、劇的に顧客満足度を高めています。政府は金融の自由化政策を行っていますが、従来の銀行側は、横並び意識、談合体質が抜け切らず、顧客志向のサービスが導入されていないのが現状です。お客はサービスを評価する際、同業他社同士を比較するのではなく、お客が接するすべての業界の中で、最もよいサービスと比較します。「うちは銀行だから、他の業界はどうでもいい」といった姿勢の金融機関は、やがて淘汰されるでしょう。今後、政府の自由化政策が進むと、あらゆる業界において異業種からの新規参入が進と予想されます。既存企業では考えつかない新たな顧客志向のサービスが提供されることを期待したいですね。

【金子哲雄のDaily Click】

・お金をかけない人ほど、新しい仕事はうまくいくが発売されました!
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・ジャパネットたかた 思わず買いたくなる”しゃべり”の秘密
http://astore.amazon.co.jp/marunouchi21-22

・食いだおれ日記
http://marunouchi.ameblo.jp/

・世界の売場から from New Yorkが発売されました
http://www.book246.com/item_americas_f.html

・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/corp/utsumi/atcl.php?issue=12


posted by marunouchi21 at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。