2005年11月21日

Marunouchi Online Daily Column 2005/11/21(Mon)

「中産階級が社会保障を支えている」

NY・ハーレム地区にあるメモリアル・バプティスト教会に行き、ゴスペル演奏を聞く機会に恵まれました。ゴスペルは宗教行事のため、その教会地区に居住していない自分が行くことにためらいはあったのですが、好奇心を抑えることができず列席させて頂きました。信者の方はスーツやドレスなど正装で訪れます。50人以上の聖歌隊から発せられる地面の底を揺るがすような力強い歌声は迫力があり、参列する何人の方も感極まり涙するほどでした。途中、銀の皿を持った中学生くらいの信者が各席を回り寄付を求めます。一人$5〜$10を募金し、約90分で演奏は終わります。かつてハーレム地区は「治安が悪い」というイメージでしたが、今は恐れるほどではありません。それもそのはず、ハーレム地区にNY市が建設した低所得者向け公営住宅は2ベッド&1リビングルーム、バストイレ付・約100uで月額家賃・約36000円です。日本の健康保険にあたるMedicare費用(世帯あたり月額以下、同様・約3万円)と食事補助(約5万円)も公費で負担されるため、ちょっとしたアルバイトがあれば食べるに困ることはありません。その負担は税に依存し、所得税の税率は日本以上に高く、消費税も8.375%の負担です。社会において所得格差が増えれば増えるほど、社会保障コストは増加し、その負担は中産階級の家計を直撃しています。かといって税を取れるところから取らなければ社会保障を維持できません。日米ともに大多数を占める中産階級が税負担においては社会的弱者ではないでしょうか。
「中産階級が社会保障を支えている」ゴスペルを聞きながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・Memorial Baptist Church
http://www.mbcvisionharlem.com/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

Marunouchi Online Daily Column 2005/10/06(Thu)

「あれこれやって、得意なものだけを残す」

下手の横好きなこともあり、何でもチャレンジして、飽きたものは止め、得意分野だけ継続するスタイルをとっています。また、悪い癖なのですが、道具を揃えると満足してしまい、結局、キーボードはセッティングまではしたものの、触れずじまいでした。マウンテンバイクも自宅周辺をちょろっと走ったものの、おしりが痛くなり乗るのをやめ、今では立派な布団干しとして再活用されています。余談ですが、オーダーメイドで作った自転車は日本のトップメーカ・シマノ製の部品を使用するなど、かなり入れ込んだのですよ(笑)。今、かろうじて続けているのが、ブログ形式のビジネスコラムとメールマガジンとなっています。気がつけば650日以上、継続し、昨年は書籍化することもできました。自分の過去を振り返ってみると、半年(約180日)続けられることは、飯の種から芽が出る気配を感じます。先日、小田原にある豚肉の卸売会社を訪ねました。もともとは小売店向けに卸売をしていましたが、小売店の減少に伴い、売上も低迷してきました。そこで、豚加工品の産地・スペインを旅した時の味を再現すべく、ハム、ソーセージなどの加工品の製造・販売へと進出しました。さらに、中国料理の一つである焼き豚を炭火で時間をかけて焼き上げる手法を確立し、名物商品へと育てました。看板商品を創り上げるまでに、社長は数百種類以上の試作品を作り続け、「これはいける」と思ったものだけを残しました。どうせ失敗するだろうと思い、試すことをしなければ今の商品は誕生しなかっただろうと振り返っていました。
「あれこれやって、得意なものだけを残す」小田原で買った焼き豚を食べながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・三原畜産
http://www.rakuten.co.jp/mihara/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

Marunouchi Online Daily Column 2005/10/01(Sat)

「危機を数値で認識させると購買行動につながる」

いつもお世話になっている薬局に行くと、テーブルの上に体脂肪計があったので、ごく自然に手を伸ばし計測しました。今にして思えば、体脂肪計を握ったことが、危険を感じるきっかけでした。身長168cm、体重70kg、性別、年齢を入力し、10秒ほど機器を握ると約2割が脂肪で「やや肥満体」という結果が出てきました。薬局の方は、すべての病は肥満からはじまると言うではありませんか。何だか急に不安になりました。夏の間は、午前5時ごろ朝食を食べ、ラジオ体操後、もう一回、軽く朝食を食べ、ランチ、夕食、夜食と5食ほど食べていました。高校生の頃は55kgだったので、15sオーバーです。年齢とともに、代謝率も下がってきているせいでしょうか。体内に老廃物が残りやすくなっています。薬局の方に足裏マッサージをして頂きながら、体のどこに血液が滞っているか、アドバイスを受けました。幸い、足裏のどこを押しても気持ちよく感激。内臓に異常はなさそうでしたが、今後、準肥満体として、鶏がらのように内臓の周りに脂肪がつかないようにするための緊急対策を講じることになりました。体脂肪率という誤魔化すことのできない数値と、中国古来の足裏反射区から、体の危険度を示されると、もう、降参するしかありません。おとなしくサプリメントを飲みながらダイエットすることに決めました。おいしいものを見つけると迷うことなく食べ、「おいしかった」と深い満足感に浸るのですが、食べ過ぎると、そのつけは自分に戻ってきます。なんとか65sまで落としエアバックつきのお腹から脱却したいと思います。
「危機を数値で認識させると購買行動につながる」薬局で感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・goo ダイエット
http://diet.goo.ne.jp/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

Marunouchi Online Daily Column 2005/09/15(Thu)

「作っている姿を見せることは信用の証である」

魚が好きなせいか、鮮魚店に行くと必ず店内をうろうろしてしまいます。錦糸町駅前にある魚虎に入ると、ちょうど職人さんが手慣れたリズミカルな動きで、茹で上がったタコをぶつ切りにしています。ガラス窓も何もない、調理場にて、お客の目の前で作業する姿は美しく、かっこいいだけでなく、「お客様に見せても恥ずかしくない」という、店主のプライドすら感じさせます。何でも見せる、隠し事のない経営スタイルは、消費者に対して誠実な印象を与えます。今、企業において情報公開が叫ばれていますが、肝心な部分を非公開にするなど、なかなか、真の情報公開に至ってはいません。株式非公開業であっても、陳列が乱れていないか、トレイの清掃は行き届いているか、接客のスタイルは心地よいか等、目に見える部分から、会社の内部を類推できるものです。業績のよい企業では、陳列の乱れも少なく、トイレ掃除も行き届き、スタッフの接客も心地よいものです。一方、業績が良好にも関わらず、売場は乱れ、接客スタッフに覇気がないこともあります。おそらく、必要なコストまで削減し、利益を出しながらも、スタッフのやる気は低下し、店全体がしらけムードになっているのではないでしょうか。今、チェーンストアは新店を出すことで、売上を維持しているのが現状です。つまり、競争企業同士が食い合いをすることで、体力のある企業のみが生き残るという、過酷でかつ、不毛な戦いに突入しています。お客との距離感を、顔が見える長さまで縮める「売り方」は小規模店舗の生き残りの王道ではないでしょうか。
「作っている姿を見せることは信用の証である」錦糸町の魚虎にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・錦糸町ネットワーク
http://www.knet.or.jp/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

Marunouchi Online Daily Column 2005/09/09(Fri)

「日常生活の中で、贅沢感を味わえる商品が売れている」

自宅前にあるジャスコ東雲店がリニューアルオープンしました。通常営業している時は、24時間、いつでも買物できることが当たり前となり、便利なことに麻痺してしまい、ありがたみが薄れていました。改装中、営業時間が短縮したことによって、改めて「24時間いつでも買物できる環境」に感謝しました。東雲地区では、直近の2年間、大規模集合住宅が約3000戸建設され、ジャスコ開業当初予想していた客層と街が完成した後、実際に来店する客層に「ズレ」が生じたため、改装になったと予想されます。2階にある非食品売場、主としてデジタル家電、生活雑貨、アパレル部門が売場レイアウト変更、新規取扱となりました。改装前と比べ、生活必需品のみならず、より生活を楽しむアイテム、「あったらいいな」と感じる商品群が増えているることに気付きました。例えば、マッサージチェアは10万円台の廉価品から40万円台の高級機まで、10種類以上、ラインナップされ、ロードサイド型の家電量販店を凌駕する売場作りを展開しています。なかでも目を引いたのが、6万円弱のワインクーラーです。冷蔵庫は各家庭に普及しているものの、ワイン専用の冷蔵庫というのは、ある意味、ぜいたく品です。東雲地区には、ワインクーラーをリビングルームなどに置くスペースがあり、ワインを日常的に飲用するライフスタイルのお客が存在することが推測されます。店舗周辺には40階を超えるタワーマンションが4棟(2棟は建設中)林立し、東京湾の夜景を眺めながらグラスを傾ける姿が容易に想像できます。
「日常生活の中で、贅沢感を味わえる商品が売れている」ジャスコ東雲店にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・ジャスコ東雲店
http://www.aeon.info/jusco/shinonome/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 01:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。