2005年08月31日

Marunouchi Online Daily Column 2005/08/31(Wed)

「商売のサイクルを知ると、賢く生活をエンジョイできる」

3日ほど前までは、セミが鳴いていましたが、今夜は鈴虫の音がメインで聞こえてきました。人間よりも、生死に直面している虫たちの方が季節を感じ取る力は高いですね。流通ジャーナリストとして街を歩きながら、買い手の感覚で四季を感じるよう心がけています。ショーウインドーには、定番の栗の枝が置かれ、秋到来を視覚からアピールしています。全国展開する靴店の前を通ると、夏物一掃セールが開催されていました。サンダルなどは夏、ブーツなどは冬といったように、靴にも季節感があります。また、天候的に過ごしやすくなる秋口にはスポーツが盛んになるせいか、スニーカー、テニスシューズなどの売行きが伸びるようです。学生を対象としている店では新しい靴で新学期を迎えようといった声かけをしている店も見られました。衣替えシーズンを迎える前に、売場も秋冬モノを陳列するために衣替えしなければなりません。今、在庫している商品を販売し、新商品を陳列するスペースを作りたいという、店舗側の事情もあるため、夏物一掃セールが開催されます。モノによってはトップシーズンに比べ、7割以上、安い値段で手に入れることができます。靴やTシャツやなどの消耗品をここぞとばかり、まとめ買いしようと、勇みよく店内へ入ったのですが、靴のサイズは23.5cmと小さめのためサイズなし。TシャツもXLサイズしかなく、無念のリタイヤとなりました(笑)。やはり、欲しいものは、早めに買っておくほうがいいのでしょうか。それとも、今回はたまたま掘り出し物がなかったのでしょうか。
「商売のサイクルを知ると、賢く生活をエンジョイできる」チェーン靴店で感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・ABC MART
http://www.abc-mart.com/index.html

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html



posted by marunouchi21 at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

Marunouchi Online Daily Column 2005/08/29(Mon)

「季節変化を先取りするとモノが欲しくなる」

新宿の街を歩きながら、空を見上げると、空の青みに茶色が混ざりはじめ、秋の気配を感じさせます。日没も1週間前と比べると明らかに早くなり、朝夕は過ごしやすくなりました。6月末頃から、冷たい麦茶、お茶を飲んでいましたが、昨夜、棚から湯沸しポットを引っ張り出し、熱いお茶を入れました。昼間と夜間の温度差が5度を超えると、肌寒さを感じ、温かいものが食べたくなります。気の早いコンビニエンスストアでは、レジ横に、湯気の立った「おでんなべ」が置かれ、視覚的にも秋の訪れをアピールしています。このところ、夏の疲れがたまっているせいか、喉の調子が悪く、少々、つらい思いをしています。季節の変わり目は体調を崩しやすいせいか、ドラッグストアに立ち寄ると、サプリメントを中心に、滋養強壮商品の品揃えフェースが増えていました。居酒屋さんの前を通ると、湯豆腐はじめましたのPOPが貼られ、ブティックのディスプレイの前を通ると、既に秋・冬物の商品が飾られ、流通の世界では夏は過去のものになっていました。季節の風物詩の話題はニュースや天気予報のネタとして取り上げられやすく、また、消費者も、お金を使って旬を楽しむことに対し、抵抗は薄くなるようです。まだ、秋本番ではありませんが、実際の気候変化よりも、気持ち早めに品揃えを秋バージョンに移行し、お客に季節の変わり目をアピールすると、購買意欲は喚起されます。思わず「秋刀魚の刺身あります」の手書き看板に引かれ、居酒屋に寄ってしまいました。初物にはどうしても弱いですね(笑)。
「季節変化を先取りするとモノが欲しくなる」新宿駅西口を歩きながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・旬の魚
http://www.tsukiji-market.or.jp/youkoso/touorosi/syun/syunidx.htm

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

Marunouchi Online Daily Column 2005/07/29(Fri)

「ご近所づきあいが、ライフラインになる」

新潟県中越地震から約9ヶ月経過し、被災地の様子を知るために小千谷市を訪ねました。長岡市内から山古志村に向かう沿道には、プレハブの仮設住宅が並び、災害復興の途上であることを静かに物語っています。国道17号線を東京方面に向かい走ると、ほぼ2kmおきに、復旧工事が行われ、片側交互通行の状態でした。インフラ面での完全復旧までは、まだ、時間がかかるようでした。小千谷市内のスーパーマーケットにて、スタッフの方に被災直後の様子を伺いますと、第一声は「死ぬかと思った」が圧倒的でした。地面から突き上がるような揺れは、今までに経験のないもので、天井と壁は、みしみしと音を立て、天井が落ちてくると直感的に思ったそうです。数秒後、店頭付近の天井が落ち、二つある出入口のうち、一つが通行不能になりました。同時に電気、ガス、水道が不通となり、ゴーストタウンのように周囲は真っ暗で、音一つしない時間が半日ほど続きました。携帯電話、有線電話ともに回線は不通となり、外部との連絡は丸2日、遮断されていました。結局、震災直後の安否確認や被災状況は、ご近所同士が伝聞しあうことで、伝えていました。隣家の方に声をかけ、その隣人から友人へ、さらに同じ職場の人など、次々に、「ご近所づきあいの連鎖」が起きることで、数十キロ先の方にまで、情報は伝わったそうです。電気が不通になると、携帯電話もインターネットも使えません。非常事態では、顔を合わせて会話をする、人間的なつながりこそが、生命線になることを知りました。
「ご近所づきあいが、ライフラインになる」仮設住宅の前にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・株式会社原信
http://www.harashin.co.jp/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 00:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

Marunouchi Online Daily Column 2005/07/27(Wed)

「災害が新たな技術・サービスを産み出している」

自分の大好きな雑誌・BRUTUS(マガジンハウス刊)に江東区豊洲再開発の広告が掲載されていました。マスメディアに闘いを挑む三浦和義氏(ロス疑惑と言えば、思い出されるのではないでしょうかの小説や半歩先のライフスタイルを提案する内容が掲載されています。石川島造船所のドックをそのまま湖に見立て、周辺に商業施設と52階建と32階建の超高層マンションが建設されます。古い町並みを保存することも意義があることなのですが、道路の拡幅、産業構造の効率化によって、都心部に立地していた工場は横浜・千葉の臨海部や海外へ移転し、跡地には住宅、オフィスビル、商業施設といった都市機能を圧縮した、複合型都市が建設されています。新しい街づくりを見ていると、利用者の視点が盛り込まれた環境設計になっています。例えば、バリアフリーは当然のこととして住環境ゾーンから、雨にぬれずに商業ゾーン、オフィスゾーンに行き来できたりと、住民がこうして欲しいということを具現化しています。ただし、高層化すればするほど、地震災害時、エレベーターが停止し、最悪の場合、復旧するまで数時間、数日の間、居住階まで階段で往復する恐れも出てきます。エレベーターの数は、保守点検する人の数よりも多いため、一斉に停止する地震災害では、完全復旧まで時間がかかると予想されます。今後は高層施設における、エレベーター停止時の対策について緊急に議論することが望まれますね。7月23日(土)に発生した地震は、都市環境に新たな課題を提起してくれました。
「災害が新たな技術・サービスを産み出している」豊洲の計画地を歩きながら感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・豊洲、未来都心プロジェクト
http://www.toyosu-mirai.jp/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

Marunouchi Online Daily Column 2005/07/25(Mon)

「地域行事に参加し、健康を管理する」

食べ過ぎると太りやすい体質のため、運動をしなければいけないのですが、どうしても体を動かすことが億劫になり、ぶくぶくと太ってしまいました。Tシャツを着ると、信楽焼のたぬきの置物のようになってしまい、やむを得ずスポーツにトライすることにしました。お風呂が好きなので、ジャグジーのあるスポーツクラブも悪くないと思ったのですが、月会費8000円の元をとろうとすると、毎日のように通わなければならないため、自分には適していません。自転車にも乗りますが、駐輪場のない場所に出かける場合は、電車・バスを利用するため、運動量は減ってしまいます。そこで、夏の風物詩、ラジオ体操会に参加することにしました。午前5時40分に起き、シャワーを浴びた後、自転車にまたがり公園へ。午前6時30分、公共放送からラジオ体操を告げるアナウンスが流れてきます。夏休み期間中は各地の公園や公民館から中継され、ふるさとの「今の情報」も紹介されます。ラジオの向こう側に広がる風景をイメージしていると、ラジオ体操の歌が流れてきます。今朝は江東区北砂にある砂町中央公園に出かけ、まずは第一体操をこなし、ストレッチをしながら、第二体操へと進みます。Tシャツの中は既に汗だくとなり、ずっしりと重くなっています。しっかりと汗をかき、カロリーを消費し、健康な体を作る。費用は無料です。何よりも、早起きすることで、朝型のライフスタイルとなり、一日の時間を有効に活用できるようになりました。もちろん、移動の電車の中では、ぐっすり寝ていますが。
「地域行事に参加し、健康を管理する」ラジオ体操会にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・かんぽのホームページ
http://www.kampo.japanpost.jp/kenkou/radio/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。