2005年07月23日

Marunouchi Online Daily Column 2005/07/23(Sat)

「あらかじめ緊急事態時の行動を決めておく」

小田原にて講演会の最中、午後4時35分ごろ、立っていられなほどの、激しいゆれが突然、襲いました。あまりの揺れのため、吐き気をもよおすほどでした。講演はそのまま続けましたが、休憩時間になり、関係者に携帯電話にて状況をつかもうとしたものの、電話がつながらず、不安な時を過ごしました。新潟県中越地震以降、防災チェックリストを作成し、自宅やオフィスにおいて被災した時の行動については、マニュアル化していますが、外出先で地震に遭遇した場合の行動指針までは決めていませんでした。震度5を超える揺れの直後は、余震の不安もあり、冷静な判断ができませんでした。すぐさま、講演にいらしている方の帰路の交通手段を確保するため、携帯サイトで公開されている交通情報にアクセスしましたが、全くつながりませんでした。外出時、ラジオを持参して出歩いているわけではないため、被害状況をつかめず、実際には被害が生じていなくても、必要以上に不安になりました。地震直後には通話やアクセスが集中するため、必ずしも携帯電話が万能ではありませんでした。電車の運行状況を把握するため、小田原駅に電話をかけても、つながらず、駅に到着して直接スタッフに尋ねるしか、手段がありませんでした。小田急線、東海道線は90分以上の遅れのため、なんとか新幹線に飛び乗り、東京に戻りました。不測の事態に直面した際、何をするのか、家族の間で行動ルールを決めておくことが重要ですね。早速、携帯型のラジオをカバンの中に常備することにしました。
「あらかじめ緊急事態時の行動を決めておく」JRの駅構内にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・JR列車運行情報
http://www.jreast.co.jp/train_info/service.html

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html


posted by marunouchi21 at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

Marunouchi Online Daily Column 2005/07/06(Wed)

「勝利に必要なことはスピードである」

お世話になっている方が九州から上京されたので、迷わず、山手線・大塚駅北口にある焼肉・山水園にご案内しました。着席すると、直ぐに細切れカルビ(おすすめ)を4人前、レバー、サラダ、ライス大盛りを注文、炭火であぶりながら約40分でぺろりと食べてしまいました。5800円(二人分)で、お腹いっぱいになり、大満足で店を後にしました。せっかく、大塚に来たので、角海老宝石ボクシングジムに立ち寄りました。同ジムでは、練習シーンを公開し、路上から誰でも気軽にスパークリングや練習試合を見ることができます。たまたま、コーチが選手にアドバイスをしていのたですが、新人戦に勝つためには、技術、スタミナよりも、スピード感こそが重要と強調していました。どんなに強いパンチ力を持っていても、守りに徹するため、パンチを打たない選手もいます。確かにパンチを打たないことも、勝つ手法かもしれませんが、新人同士の戦いで技術的に差がない時は早め、早めにパンチを打った選手が勝つそうです。ビジネスにおける成功もボクシングに似ています。お客様に喜ばれる商品を開発するために時間をかけるよりも、一定の顧客満足度を得られるのであれば、市場ニーズが変わらないうちに、商品を発売する方が顧客志向です。例えば、夏、新鮮なミルクがしぼれたので、アイスクリームを開発したら、完成が冬になっても、お客様から喜ばれません。変化の激しい消費財市場では、調査やテストマーケティングに時間をかけるのではなく、スピーディーに商品開発することが重要ですね。
「勝利に必要なことはスピードである」ボクシングジムにて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・角海老宝石ジム
http://www.kadoebi.com/boxing/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html



posted by marunouchi21 at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

Marunouchi Online Daily Column 2005/07/01(Fri)

「市場が成熟化すると代行ビジネスが盛んになる」

JR中央線で東京駅から70分、福生市にある福生商店街協同組合にてヤフーオークションを使った商店街活性化セミナーを開きました。実在店舗の場合、商圏サイズに限りがあるため、売れ残った商品は、廃棄されたり、叩き売りされていました。そこで、商圏を世界に広げる試みとして、インターネットオークションを活用することにしました。先日も、売れ残っていたスニーカーがあったので、オークションにかけてみると、「欲しかったけれども買えなかった」という、お客様が定価の2倍で落札するといった例もありました。我が家でも3ヶ月間、全く触っていないモノは、おそらく一生使わないだろうと推定し、どんどんオークションにかけて売却しています。Windows95で動くノートパソコンなど、捨てるのにお金がかかるものは、500円でも値段がつけば儲けものです。さて、活性化セミナーの中で、オークションの魅力は理解できたが、実際に商品写真を撮影し、商品説明を記述し、代金回収などをすることが面倒だとの声があがりました。確かに、パソコンを使い慣れている方にとっては、オークションは手軽な販路開拓ツールですが、キーボードを叩くことに慣れていない方にとっては、若干、ハードルは高いかもしれません。そんなニーズに対応したのがオークション代行業です。代行業者に出品者に代わり、商品撮影から落札後の代金回収まで、すべてを行います。また、買い手に代わり、落札代行もしてくれます。このサービスを活用すれば、パソコンの知識がなくても、すぐにオークションに参加できますね。
「市場が成熟化すると代行ビジネスが盛んになる」商店街セミナーにて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・秘書代行業
http://www.banc.co.jp/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html



posted by marunouchi21 at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

Marunouchi Online Daily Column 2005/06/29(Wed)

「オプションで利益を稼ぐ時代」

先日、お世話になっている方から、おいしいけれども、二度行きたいとは思わないそば屋さんを紹介して頂きました。その店で、ざる蕎麦を注文すると蕎麦だけ出てきます。つゆは別売りだと言うんですね。600円の蕎麦代に加え、200円のつゆ代を徴収されます。つゆの原価は1円くらいですから、200倍の値段で販売しており、まさしく暴利多売です。勉強会の席で「つゆ別売りの話」をしたところ、焼肉店でも似たような例があると聴講された方から教えて頂きました。牛タンを注文し、肉の上にレモンをたらして食べようと思い、「レモン下さい」と注文すると、別売と言われたそうです。レモン代を払うのが悔しかったので、生レモンサワーを頼み、搾ったレモンのうち半分は焼酎に混ぜ、半分は牛タンにかけて食べたそうです。レモンティーを注文し、レモン別売と言われたら、自分は注文しません。先日も、メンチカツが食べたくなり、お肉屋さんに行くのですが、やはりソースは20円、箸は10円とられました。考えてみれば、すべてのお客様がソース、箸を必要としているとは限らないため、いらない人からすれば、ソースをもらう人と料金が同じことは不公平に感じるのかもしれません。ラーメン店でも、標準ラーメンに、たまご、チャーシュー、ネギなどをトッピングすると1000円近くの値段になります。外食産業では基本メニューに加え、オプションで利益を稼ぐスタイルが一般化しています。そのうち、ファーストフード店でも、店内で座るだけでテーブルチャージが徴収される時代になるかもしれません。
「オプションで利益を稼ぐ時代」そば屋さんで感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・オプション道場
http://www.option-dojo.com/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html



posted by marunouchi21 at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

Marunouchi Online Daily Column 2005/06/23(Thu)

「使い方を知ると、消費者はモノが欲しくなる」

スーパーマーケットの売場を歩いていると、沖縄名産のゴーヤが並べられていました。テレビCMでビールといっしょにゴーヤチャンプル(炒め料理)をおいしそうに食べているシーンを見た記憶があったせいか、「買おうかな」と思いましたが、料理方法がわからないため、結局、手に取ってはみたものの、カゴには入れませんでした。調理法を知らなければ、食べたいと思っても、なかなか購買意欲はわかないものです。セルフサービスの売場では自由に商品を選ぶことができる反面、作り方、旬の時期などをスタッフから口頭で聞くことができにくい環境です。余談ですが、作れる料理のメニュー数について、今から40年前に新婚世代だった女性と現代の新婚世代の女性を比較しますと、40種類から8種類へと5分の1に激減しているそうです。売場スタッフによると、丸物(加工していない魚)を並べると、まず、売れないそうです。刺身にする、3枚おろしにする、煮付けにする、揚げる、焼き魚にするなど、加工した状態で並べなければ、つまり、売場において、お客様に調理方法を口頭で伝えなければ、購買意欲は喚起されないようです。食品以外にも、ホビー用品等が売れている店では、必ず手芸教室、陶芸教室といったように、商品の使い方、作り方を教える教室が併設されています。また、英会話教室では、英会話を勉強した方が、その知識を確認するために海外旅行を斡旋する代理店を併設しています。作り方を教える、もしくは学んだ知識を使わせる環境を整えると、消費は喚起されますね。
「使い方を知ると、消費者はモノが欲しくなる」大田区蒲田にある手芸店にて感じました。

【金子哲雄のDaily Click】

・ユザワヤ
http://www.yuzawaya.co.jp/

・今すぐできる、生活防衛情報サイト 江東スタイル.com
http://kotostyle.exblog.jp/

【Daily Columnが本になりました!!】
・買いの法則、売りの原則〜街が教える繁盛への道〜
http://www.estore.co.jp/s-honya/cat3/cat3-0052.html

・株式会社ジンテックさま 内海新聞
http://www.jintec.com/aboutus/utsumi/details/43.html



posted by marunouchi21 at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の生活防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。